IMG_4254


上の写真は、定期演奏会のリハーサル時に撮影した写真です。


札幌青少年吹奏楽団は、11/13(土) に第35回定期演奏会を開催し、滞りなく終了いたしました。ご来場の皆様には、新型コロナウィルス観戦防止対策にご協力いただいた上で演奏を聴いていただき、誠にありがとうございました。

今回の定期演奏会では、第1部に「行進曲 ブルーインパルス」「エル・カミーノ・レアル」など3曲を、第2部に「A・RA・SHI」「ラピュタ 〜 キャッスル・イン・ザ・スカイ」など5曲と、アンコール曲に「いきものががり」の「ありがとう」を演奏いたしました。楽団ホームページ (https://sswo.hokkaido.jp)の「演奏会情報」から、今回の定期演奏会のプログラムを閲覧できますので、そちらもあわせてご確認ください。

昨年・2020年はの第34回定期演奏会は、2月下旬からの新型コロナウィルスの影響で合奏練習がしばらくできない状況だったため、演奏会の準備を始める前に中止を決定しました。それだけに、今年の第35回定期演奏会を11/13に開催すると決めてからさまざまな問題を解決していき、11/13の本番に漕ぎ着けることができて本当に良かったと思います。

今回の演奏曲のうち、アンコール曲の「ありがとう」では、団員の音楽活動をささえた家族や仕事の関係者、COVID-19の治療を含めた医療に従事する皆様、演奏を楽しみにしている皆様など、すべての皆様への感謝の気持ちを乗せて演奏しました。

札幌青少年吹奏楽団の2021年の主な演奏会の出演・開催はこれでひと段落つきましたが、すぐに2022年の演奏会の出演・開催に向けての準備を始める予定です。2022年の予定は、2022年4月29日(金・祝)の「第43回 市民バンドフェスティバル in Sapporo」に出演予定、2022年10月9日(日)に「第36回定期演奏会」を開催予定で、場所はどちらも「札幌コンサートホールKitara」になります。Kitaraでの演奏は2018年4月の市民バンフェス以来、また定期演奏会をKitaraで開催するのは2016年以来6年ぶりになります。

Kitaraでの演奏で皆様に楽しんでいただけるように準備いたしますので、今後も札幌青少年吹奏楽団をよろしくお願いいたします。

text and photo by PercPerson