イメージ 1
写真は市民バンフェスの青少年の2曲目のリハーサル中の一枚です。

札幌青少年吹奏楽団は、4/28 15:30開演の「第40回市民バンドフェスティバル in Sapporo」に出演しました。青少年は7団体中6番目の出演でした。

1曲目はバーンスタイン作曲の「スラヴァ!」。今回のバンフェスのテーマの「Celebration」に合わせて華やかな演奏、そして最後に全員で「スラヴァ!」の掛け声をhitaruに響かせました。青少年がバンフェスで何かを叫ぶのはいつものことです(^^;;;)。

2曲目はC.W.スミス作曲の「優しい雨の中で」。この曲は過去にも演奏してましたが、今回はフルート・クラリネット・アルトサックスでソロをつないでいきました。また曲の始めと終わりで演奏していない団員がフィンガースナップで雨音を鳴らし、打楽器パートは雷を表現するため自作の雷音発生器具や緑のトタン板を、最後の雨しずくをフライパンや鍋で表現してました。これも青少年の得意技です(^_^)。

3局目は「リトル・マーメイド・メドレー」。「Under the Sea」「Kiss the Girl」ではラテンサウンドで軽快に奏でて、「Part of Your World」からクラシカルな雰囲気でだんだんと盛り上げるように演奏しました。

初めてのホール・hitaruでの演奏でしたが、お越しになった皆様に楽しんでいただけましたでしょうか。他団体の演奏やクラリネット・クワイアーや合同演奏も楽しんでいただけたと思います。ご来場いただいた皆様に御礼を申し上げます。

また、当日券の販売を開演前は停止していたことをご存じなく、当日会場で知ってやむなく帰られたお客様も多くいらっしゃると聞きました。せっかくお越しいただいたのに、大変申し訳ございませんでした。

札幌青少年吹奏楽団は、新元号最初の演奏を、大通公園でのライラック祭り・ライラック吹奏楽祭でおこないます。出演は5/19(日) 12:20~12:40の予定です。

ライラック吹奏楽祭については、「61th Sapporo Lilac Festival 6丁目・7丁目会場」ホームページの「6丁目会場」のページ(https://lilac-7-6.com/area06/)をご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

photo by Esバス吹き、 text by PercPerson