札幌青少年吹奏楽団の活動記録Ver.2

札幌市内で活動する市民吹奏楽バンド・札幌青少年吹奏楽団の毎週の練習の様子や演奏会出演のお知らせ・出演報告を書いています。

11/9の練習風景

IMG_3719


11/9の合奏練習中の一枚です。
この日の合奏では先週も合奏した曲と、この日初めて合奏した曲の計2曲を合奏しました。前半の曲では先週の練習を踏まえてより良く聞かせることができるように練習しました。後半の曲は様々なところで複雑で、いろいろ考えながら練習しました。

次の演奏予定までしばらく間が空きますが、次の機会でいい演奏ができるように充分な準備をしていきたいです。

text and photo by PercPerson

11/2の練習風景

P_20191102_201124

北海道養護学校の依頼演奏が終わったあとに、一旦現地解散となり、夜に再集合していつも通りの合奏練習をしました。

札幌青少年吹奏楽団の年内の演奏イベントは一息つきましたが、相変わらず団員の出席率は高いです。
合奏内容は来年に向けての試奏です。試奏の時は初見の人と過去にやったことがある人の音が入り交じり、とても楽しい感じになります。

今回の練習ではパーカッションとトランペットに見学者が来てくださいました。
札幌青少年吹奏楽団に興味のある方は、当団HPから是非ともお問い合わせください。

photo and text by Esバスさん

11/2の依頼演奏風景

IMG_3709


IMG_3710


IMG_3703


札幌青少年吹奏楽団は、11/2(土)に厚別区の北海道札幌養護学校で開催された中学部の「第1回札養フェスタ(中学部学習発表会)」にてゲスト出演して、「ウィーアー!」「パプリカ」「ミッキーマウスマーチ」を演奏しました。そして札養フェスタのエンディングにてもう一曲「YOUNG MAN -YMCA-」を演奏しました。

今回演奏を依頼された先生が当楽団の「厚別区民祭り」での演奏を聞いて依頼されたということもあり、聞いた生徒の皆さま、保護者の皆様、職員の皆様が楽しんでいただける演奏を心がけました。また「パプリカ」「YMCA」では一部の生徒さんが音楽にあわせて踊って、演奏後に団員が踊った生徒さんに拍手を送りました。

この後青少年は夕方から合奏練習の予定です。

photo(1枚目・2枚目) by Esバスさん
text and photo(3枚目)by PercPerson

10/26の練習風景

IMG_3696


定期演奏会後初めての合奏練習の様子です。

この日の合奏では、翌週予定されている依頼演奏で演奏する予定の曲の合奏を行いました。今年既に披露している曲でしたが、久しぶりの合奏の曲もあったのでその曲を中心に確認しながら練習しました。

来週の依頼演奏では、聞いていただく皆様に楽しんでいただける演奏を届けたいな、と思ってます。

text and photo by PercPerson

10/13 第33回定期演奏会開催報告

33rdRC1stStage


33rdRC2ndStage


33rdRCEncore


写真は上から順に1部ステージ、2部ステージ、アンコール「パプリカ」(「パプリカ」はステージ上のみの写真)になります。

札幌青少年吹奏楽団は、10月13日(日) 15:30よりカナモトホールにて「第33回定期演奏会」を開催いたしました。今回の定期演奏会では例年以上に多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

1部では「エベレスト山」「月の光」「組曲惑星より『火星』『木星』」と地球から太陽系へと高くなる曲順でお送りし、2部では「口ずさめる曲」として和太鼓を入れたり演出もいれたりなどして5曲演奏し、アンコールでは「パプリカ」をステージ下に集まっていただいた子供たちと踊りながら演奏しました。演奏曲の詳細については、楽団ホームページ(https:/sswo.hokkaido.jp)の「演奏会情報」に掲載していますので併せてご覧ください。

演奏会後の打ち上げにて名誉指揮者・葛本先生や指揮者・城分さんから「本番がすごくいい演奏ができて良かった。だけど、それを本番前の練習からできるとこちらも安心できる」と少し釘を刺されました。

今後も良い演奏を皆様にお届けできるようにまた練習を重ねて精進していきたいと思っております。これからも札幌青少年吹奏楽団をよろしくお願いいたします。

なお、既にホームページ上に記載しましたが、定期演奏会のプログラムで「虹と雪のバラード」の作曲者が作曲者が「河邨文一郎(かわむらぶんいちろう)」さんとなってました。河邨さんは作詞担当で、正しくは「村井邦彦(むらいくにひこ)」さんが作曲担当です。
お詫びして訂正いたします。

text by PercPerson