札幌青少年吹奏楽団の活動記録Ver.2

札幌市内で活動する市民吹奏楽バンド・札幌青少年吹奏楽団の毎週の練習の様子や演奏会出演のお知らせ・出演報告を書いています。

11/7の練習風景

IMG_4016
IMG_4015


こんにちは、久しぶりのブログ更新となります。

札幌青少年吹奏楽団は9月から様々な対策を講じて合奏練習を行なっています。今週11/7は、合奏再開後初めての区民センターのホールでの合奏練習で、この日は3曲の合奏を行いました。今後の演奏機会に向けての準備を進めているところです。

札幌市を含む北海道内で11/7夕方に警戒レベルが上がったことで、今後の練習に影響があるかもしれませんが、当楽団としては楽団ホームページ(https://sswo.hokkaido.jp)に載せている対策に従ってこれからも練習を行なっていく予定です。

なお書いている筆者もこの日が久しぶりの合奏参加でしたが、演奏が改めて楽しいことだ、と感じた練習時間でした。

text and photo by PercPerson

9/19の練習風景

P_20200919_195918_PN

私達札幌青少年吹奏楽団は新型コロナの影響により、楽団の活動を個人練習に留め、更には9月に予定していた定期演奏会の中止を決断するに至りました。
社会の新型コロナ予防に対する取り組み、有識者による演奏の実験結果を踏まえ、当団も9月から合奏を再開しました。
久々に練習風景をご報告できることを心より嬉しく思います。
今回の練習では団員の約半分が参加しました。
気持ちを新たに来年に向けてたくさんの候補曲を試奏をしている最中です。私達らしい「楽しい音楽」を皆様と共有できる日が来るのを楽しみにしています。
団員募集も再開しておりますので、ご興味がある方は当団HP(sswo.hokkaido.jp)をご覧ください。

text and photo by Esバスさん

9/21 第34回定期演奏会 開催中止のお知らせ

札幌青少年吹奏楽団は、2020年9月21日(日)にカナモトホール(札幌市民ホール)で第34回定期演奏会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルスによる影響を鑑みて、楽団役員で検討を重ねた結果、第34回定期演奏会の開催を中止することにいたしました。

これにより、2020年は楽団の活動の軸である「市民バンドフェスティバル」「定期演奏会」がどちらも中止となってしまいました。青少年の演奏を楽しみにしていた皆様もいらっしゃるとは思いますが、昨今の情勢を鑑みての決断でございますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

2020年の定期演奏会は中止となりましたが、札幌青少年吹奏楽団は今後の演奏機会に向けての活動を少しずつ進めているところです。今後の出演予定が決まりましたら、楽団ホームページ(https://sswo.hokkaido.jp)・Facebook・ブログでお知らせいたします。

text by PercPerson

7/4の個人練習の風景

札幌青少年吹奏楽団は、6/13から週1回の個人練習という形で活動を行なっております。

27DA72DB-52A4-4104-9A2F-9174F1CF72CB_4_5005_c


FD8A9F13-5322-472D-8D25-07100D3E4285_4_5005_c


写真は7/4の個人練習の様子を、当楽団の団長が撮影した写真になります。参加した団員は距離を保って楽器を鳴らしていました。ある程度人数が揃っているパートでは、やはり距離を保った上でパート練習を行っていた模様です。

E40673EE-206A-46EF-B622-05F8854A2A89_4_5005_c


この写真は、借りている会場での換気をよりよく行えるようにするために、当楽団の副団長が作成した網戸です。練習でお借りしている会場に対しても十分配慮して練習を行い、練習後には丁寧に掃除や除菌等を行っています。

各学校の部活動や一般団体の活動が少しずつ再開していますが、どの団体もまだ完全な再開には時間がかかるとみられます。札幌青少年吹奏楽団としては、焦らずに少しずつ前に進めていって、皆様に青少年らしい音楽をお届けできる日のために練習していこうと思います。

#書いている私は、体を負傷していて、再開後まだ叩けていません(-_-;;)。

photo by 札幌青少年吹奏楽団団長
text by PercPerson

6/13の個人練習の風景

ACC12268-00BA-4530-B4A8-2FF5AD6B1CE7

FF697E06-409A-4001-80DD-D68756A8390E


札幌青少年吹奏楽団は、6月13日に約4ヶ月ぶりに団員が練習会場に集まっての個人練習を行いました。写真は個人練習に参加した団員から送っていただいた個人練習の風景になります。

最後に会場に集まって合奏練習したのは、今年の2月22日。この時は市民バンドフェスティバルに向けて名誉指揮者の葛本先生の指揮による合奏を行なってましたが、それから4ヶ月間北海道内の緊急事態宣言などのため、合奏はおろか個人練習で集まることすらできない状況になってました。

ようやく状況が改善されて集まれるようになりましたが、「マスクを外して楽器を吹く」ということから、団員間で十分な距離を保って個人練習を行なったり、練習後には使用した部屋や器具の清掃・消毒もしっかり行いました。

楽団の活動もようやく一歩踏み出しましたが、合奏練習を行うまでにはもうしばらくかかる見込みです。COVID-19の影響で、吹奏楽や音楽全般に限らず様々なイベントができなくなっていますが、今後COVID-19がより収束して、合奏や演奏会ができる状況になれることを願ってます。

text by PercPerson